2011年10月7日金曜日

新木場 千石橋

結城と共にデストロンを脱走した科学者の一人片桐が妹、幸恵と落ち合ったのは新木場の千石橋の上だった。。。
撮影に向かっている途中で雨が降り出し、あいにくの天気での撮影となった。
当時はまだ埋め立てられて間もなく、橋は片側斜線分しか完成しておらずやっと道が舗装されたような状態である。
当時東京湾に多くあった貯木場時代の名残が地名と共に残る。
当時は数ブロック先の夢の島の清掃工場が見通せたが現在は新木場センタービルでさえぎられる。
まだ片側車線分しか完成していなかった。
戦闘員が現れた欄干の先は新木場スタジオコーストというイベントホール。何度かライブなどで訪れた事があったがまさかこのシーンに使われてる場所だということは調べるまで気づかなかった。
道の先は新木場駅方面。
撮影が行われた川岸の空き地には新木場センタービルが建っているのだが、かろうじて公開空き地(?)というか散策できるようなスペースが残っており川岸まで行くことが出来た。当時赤かった橋は青く塗りなおされている。
ご覧のようにカマクビガメが現れた桟橋のたもとまで行くことが出来る。
出典:仮面ライダーV3 43話「敵か見方か?謎のライダーマン」

0 件のコメント:

コメントを投稿